武庫豊町校お知らせ・ブログ

2024.01.26

中学英語 助動詞will

こんにちは!

STAR UP長居校の松下です!

今回は中学校2年で習う助動詞「must」についてご紹介します。

 

・助動詞「must」とは

まずはじめに、「must」の基本的な意味から確認しましょう。

この助動詞は、「~しなければならない」といった義務や必要性を表現する際に使用されます。

また、強い勧誘や推薦のニュアンスも含まれます。

・「must」と「have to」の違い

一般的に、「must」と「have to」は同じく義務や必要性を表現する際に使われることがありますが、微妙な違いが存在します。

例えば、「must」は発話者自身の意志や判断を強調する傾向があり、一方で「have to」は外部の規則や状況に基づく義務を示すことが

多いです。

 

・「must」の英文の作り方

肝心なのは、「must」の英文の作り方です。この助動詞は原則的に動詞の原形と一緒に使われます。

例えば、「I must study for the exam.」(試験のために勉強しなければならない)のように、動詞の原形に「must」を組み合わせて文を

作ります。

 

・否定文、疑問文の作り方

「must」の否定形は「must not」または「mustn’t」で表現されます。

例えば、「You must not forget your keys.」(鍵を忘れてはいけません)のように使用します。

疑問文は助動詞のmustを先頭に置くことで作成できます。

例えば、「Must I finish this by tomorrow?」(私は明日までにこれを終わらせなければなりませんか?)のように使用します。

 

 

他のブログはこちらから!!

 

・長居校が今行っているキャンペーン

塾内見学&内容説明会

等のキャンペーンや、体験授業も毎日無料で行っておりますので、

気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。


近隣小学校:大領小学校・長居小学校・大空小学校・阪南小学校・南住吉小学校

近隣中学校:大領中学校・大阪学芸中等教育学校・我孫子中学校

近隣高校:大阪学芸高等学校


「STARUP長居校」

住所:〒558-0003 大阪市住吉区長居2丁目3-21

電話番号:06-6693-7500

インスタグラムはこちら

お知らせ・ブログ

中学理科 火山灰について
こんにちは! STAR UP長居校の松下です! 今回は前回紹介させて頂いた「火山の噴火」の中にあった噴出物の内の1つの 「火山灰」についてご紹介させていただきます。   … 続きを読む

一覧に戻る

まずはお気軽に! 無料体験・
お問い合わせはこちらから

各校お問い合わせ一覧