武庫豊町校お知らせ・ブログ

2023.11.08

中学理科 植物について

こんにちは!

STAR UP長居校の松下です

 

植物に囲まれて生活していると、その多様性や美しさに魅了されることがよくあります。

しかし、植物には花以外にも魅力的な側面がたくさんあります。 今回は、中学校の授業で学ぶ植物に関する

基本的な子葉、そして根幹を紹介します。

 

・子葉 植物の進化のカギ

子葉とは、植物の胚の中に存在する種子の一部であり、植物の分類において重要な役割果たしています。

植物は大きなグループに分類されます。単子葉植物は一つの子葉を持ち、例としてはイネ科の草やユリ科の植物が挙げられます。

一方、双子葉植物は二つの子葉を持ち、ほとんど花や果物を生産する植物はこのグループに属しています。

この子の葉の違いは、植物の進化の鍵を握っており。 双子葉植物は多様な形態を持ち、地球上の多くの植物の基盤をしています。

 

・葉の秘密 光合成

葉は植物の光合成に迷うような部位であり、太陽の光を捉えて二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。

葉は多様な形状やサイズを持つため、その特性は植物の種類によって異なります。例えば、多肉植物の葉は水分を貯蔵するために

太く肉厚であり、草本植物の葉は光合成が効率的に行われるように広くて薄い形状をしています。

葉の表面には微細な気孔があり、小さいガス交換が行われます。この気孔は蒸気散と呼ばれる現象にも関連しており、

水分の蒸発によって根から吸い上げられる水分の流れが発生します。これは植物の体内で栄養物やミネラルを育成する為の

重要な働きであり、植物に必要な要素です。

 

・根 重要な生命線

植物の根は地下に広がり、水や栄養分を吸収するための生命線です。

根は地中に張りらせ巡った細かい根毛を持ち、ここが土壌から水と栄養分を吸収します。

根は植物が成長し繁殖するために重要な部分であり、植物の健康と成長に欠かせない要素です。

 

 

植物の世界は美しいだけでなく、生態系においても重要な役割を果たしています。

花、子葉、葉、根、そして植物の分類に関する知識深く、植物の重要性を認識することができます。

植物の多様性とその生態系における役割について学び、植物の不思議な世界を知っていきましょう!!

 

他のブログはこちらから!!

 

 

・長居校が今行っているキャンペーン

冬期講習受講&入塾で冬期講習費30%オフ

1,2,3月の月謝無料(3ヶ月月謝無料)

塾内見学&内容説明会

等のキャンペーンや、体験授業も毎日無料で行っておりますので、

気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。


近隣小学校:大領小学校・長居小学校・大空小学校・阪南小学校・南住吉小学校

近隣中学校:大領中学校・大阪学芸中等教育学校・我孫子中学校

近隣高校:大阪学芸高等学校


「STARUP長居校」

住所:〒558-0003 大阪市住吉区長居2丁目3-21

電話番号:06-6693-7500

インスタグラムはこちら

お知らせ・ブログ

冬期講習キャンペーンのご案内
こんにちは! STAR UP長居校の松下です! 本日は新しくキャンペーンを実施しますのでご案内します!!   ・冬期講習キャンペーン   冬期講習受 … 続きを読む

一覧に戻る

まずはお気軽に! 無料体験・
お問い合わせはこちらから

各校お問い合わせ一覧