武庫豊町校お知らせ・ブログ

2024.05.30

中学英語 間接疑問文について

こんにちは!

STAR UP長居校の松下です!

今回は中学英語の「間接疑問文」についてご紹介させていただきます。

 

・間接疑問文とは

間接疑問文とは、直接的に質問するのではなく、文章の中で疑問を含める方法です。

例えば、「彼がどこに住んでいるのか知りたい」という文は、直接疑問文「Where does he live?」を使わずに、間接的に疑問を表現していま

す。

 

・間接疑問文の作り方

間接疑問文の作り方は簡単で、基本的には以下のステップに従います。

疑問詞(wh-words)を使う:what, where, when, why, howなど。

主語 + 動詞の順序を使う:直接疑問文では「Where does he live?」となりますが、間接疑問文では「where he lives」となります。

疑問文を導く**主要文(I wonder, I want to know, Do you know, Could you tell me)を使う。

これらのステップを踏むことで、間接疑問文を作成できます。いくつかの例文を見てみましょう。

 

・間接疑問文の例文

例文:

直接疑問文: “What time is it?”        間接疑問文: “Do you know what time it is?”

直接疑問文: “Where does she work?”     間接疑問文: “I wonder where she works.”

直接疑問文: “Why did he leave?”       間接疑問文: “Can you tell me why he left?”

 

・間接疑問文の時の注意点

疑問詞を使わない場合(Yes/Noで答えられる質問の場合)、接続詞”if”や”whether”を使います。

例えば、「彼が来るかどうか知りたい」という文では「I want to know if he will come」となります。

また、直接疑問文では主語と動詞の順序が逆転しますが、間接疑問文では通常の主語-動詞の順序を使います。

例えば、「Where is the station?」は「Can you tell me where the station is?」となります。

 

他のブログはこちらから!!

 

・長居校が今行っているキャンペーン

入塾金無料

1か月無料体験入塾(1ヶ月月謝無料)

教材費5科目分無料

上記3点が今回のキャンペーンの内容となっております。

体験授業も毎日無料で行っておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。


近隣小学校:大領小学校・長居小学校・大空小学校・阪南小学校・南住吉小学校

近隣中学校:大領中学校・大阪学芸中等教育学校・我孫子中学校

近隣高校:大阪学芸高等学校


「STARUP長居校」

住所:〒558-0003 大阪市住吉区長居2丁目3-21

電話番号:06-6693-7500

インスタグラムはこちら

お知らせ・ブログ

再度キャンペーンのご案内です
こんにちは! STAR UP長居校の松下です! 本日は4月末より実施しているキャンペーンを再度ご紹介させていただきます!! とても通いやすくなるキャンペーンとなっておりますので是非最 … 続きを読む

一覧に戻る

まずはお気軽に! 無料体験・
お問い合わせはこちらから

各校お問い合わせ一覧